« Do not stay long at your visit to office | トップページ | 経験を自信に »

2019年6月19日 (水曜日)

任せたことはきちんと把握する

ITの発達も利用してか、自分の能力を超えて他人の力を借りる機会は昔より増えていると思います。しかし、他人の力を借りっぱなしになってはいないでしょうか。それは現代的には便利なようで後でしっぺ返しをくらうパターンだと思います。
たとえば弁護士の中には、税理士など近隣士業者と組んでチームで対応できる業務範囲を広げようとしている人がいます。しかし、その実態は役割毎の縦割業務で、その弁護士に税務の相談があったとしても、チーム内の税理士に丸投げで、依頼を受けた弁護士自身はその税務相談の内容はおろか、進捗さえも把握していないケースがほとんどです。そのような対応をしていては、依頼者に早晩そっぽを向かれるのは避けられないでしょう。
自分のできる業務を部下に任せる場合、たとえば会社で上司が部下に仕事を頼む場合、もちろん原則は仕事をもらう部下が、報・連・相を果たすべきです。しかし、想定される時間を過ぎているのに何も部下からアクションがない場合にも、全く動かない上司というのはしばしばいます。部下が報・連・相を果たさないと怒るだけでは上司は役割を果たしていません。上司からも適時に進捗を尋ね、部下の怠慢を許さず、仕事の適切な進行を促進させる必要があります。
現代的には、他人の力を借りやすくなっています。しかし、投げっぱなしでは必ず信頼を失います。頼む内容を的確に理解したうえで、その進捗状況もきちんと把握する必要があります。その点に気を払ったとしても、他人の力を借りるメリットは十分に残り、今後も他人の力は積極的に借りるべきだという風潮が強まるでしょう 。
便利さを欲張りすぎず、他人に任せる時こそ丁寧にコミュニケーションを果たし、その内容を適時的確に把握することが、現代的にますます重要になっていきます。

|

« Do not stay long at your visit to office | トップページ | 経験を自信に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Do not stay long at your visit to office | トップページ | 経験を自信に »