« 次世代技術を理解するための基礎を学ぶ | トップページ | 稼いでいるやつには逆転できる »

2019年5月23日 (木曜日)

ノーチャンスは、1つ先にもっと高いチャンスがあるということ

入試や就職活動がうまくいかない、スポーツをしていて試合に使ってもらえない、昇進やビッグプロジェクトに縁がない、こうしたことは誰にでもあり、非常に落胆します。しかし、ここでずっと下を向いていても、周囲の見る目がないと愚痴っても仕方がありません。まずは、次のチャンスを目指して再び歩き始めることが不可欠です。
ここで立ち上がるのは結構なエネルギーを要するのですが、私の経験ではただ立ち上がって歩き出すだけでは、最善で、求めた結果が時間遅れで訪れるだけで、後で後悔感が残ってしまいます。ただ歩き出すだけではなく、より大きいな目標を立てて、より頑張ることが肝要なのです。
こうした際、私は「今は時期ではなかった。もっと先により大きなチャンスがあるから、そちらへ行けとの暗示だ」と思うようにしています。そうすると、失敗した残念な気持ちは薄らぎ、未来のより大きなチャンスに期待を持って頑張ることができます。
たとえば資格試験に失敗した場合、翌年トップで受かろうと頑張るのです。トップで合格できなくても、前年合格するよりもはるかに実力をつけて合格するとその後の活躍の場がぐっと広がります。スポーツ選手も、試合に使われない間、腐らず頑張り続けるのはもちろん、将来見返してやるという気持ちでより頑張ると、大事な試合で重要な役割が与えられたり、その先のカテゴリーで逆転を起こせるかもしれません。
挫折している時により強い前向きな気持ちを持つのは難しいですが、しかし、この気持ちを持てばきっと逆転のチャンスは訪れ、この気持ちを持たなければ逆転のチャンスは訪れないのでしょう。今ノーチャンスということは、少し先にもっと大きなチャンスが来るということ。そう思って前向きに気持ちを強くもっていくことが非常に重要です。

|

« 次世代技術を理解するための基礎を学ぶ | トップページ | 稼いでいるやつには逆転できる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 次世代技術を理解するための基礎を学ぶ | トップページ | 稼いでいるやつには逆転できる »