« 時間がかかるなら晩成させよ | トップページ | デッドポイントを乗り越えるのがダイエット »

2019年5月10日 (金曜日)

「要らない」スキルの鍛錬は無駄ではないが博打

若い社会人は様々なスキルをどんどん学んでなんぼです。その観点で我武者羅に仕事をするのはセオリーです。しかし、いくら頑張ってもそのスキルは絶対に将来使わない、というものはあります。そのような「要らない」スキルを学ぶ仕事にどう取り組めばよいでしょうか。
これには2つ答えがあります。1つは無駄な時間の浪費はバッサリ切り捨てるべきだ、ということ。もう1つは、そのスキル自体は不要だけども、その経験は別に活きる、と割り切って頑張るかです。一見、前者しか選択肢がないようにもみえますが、努力は必ずしも目指したゴールだけに役立つわけではないので、一生懸命頑張ったことを別の領域で活かす、というのはよくある話です。
しかし、明確な目標を持たずに、我武者羅に頑張った努力が実るか否かはその後の運命次第です。要は博打。実れば得しますが、失敗すれば時間の無駄遣いになってしまいます。この視点をしっかり持つ必要があり、持たずにやる我武者羅な努力はただの無駄骨になるおそれが高いでしょう。
では、その意識を持って頑張るに当たり、どのような点を考慮すればよいでしょうか。ある方向の努力が、他の分野で実る可能性は、その分野同士の隣接性に依る可能性が高く、いわゆるシナジー効果のある分野同士であればこの確率は高くなりそうです。弁護士業と公認会計士業はシナジー効果があると言われているため、私は、両者の業務の、常識的に考えて他方の業務には貢献しないという業務も精力的にこなしています。
このように、第一感「無駄だな」と思う仕事も、全くやる価値がないわけではありません。自分が目指す方向に近いものであれば、直接ほしいスキルでなくても頑張る価値はありますし、その仕事を頑張ることで同僚に恩を売るという目的もあるでしょう。しかし、自分の将来像から程遠く、全く将来役立ちそうにないスキルを得るための努力は、コミュニケーションを駆使するなどして、うまく断る必要があります。この見極めは非常に難しいですが、自分の限られた時間という資源を有効活用するためには、決して見逃してはならないポイントになります。

|

« 時間がかかるなら晩成させよ | トップページ | デッドポイントを乗り越えるのがダイエット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時間がかかるなら晩成させよ | トップページ | デッドポイントを乗り越えるのがダイエット »