« 裏から見ると・・ | トップページ | How to ask your way in your journey »

2019年4月22日 (月曜日)

空間は有効活用せよ

日本は国土が狭いという人がいます。アメリカや中国に比べての意見ですが、日本より国土が小さい国は、世界の半分以上あります。実際、日本では国土自体が不足しているのではなく、山林が多く平地が少ないため活用できる土地が少ないというのがより正確な表現なのかと思います。山林の活用は、一番のネックになるのは都心部へのアクセスです。しかし、都市機能をもったまとまった地域を計画的に作っていけば、山林にいきなり大きな町をつくることは可能でしょう。
とはいえ、現実には人口減のうえに、人口の都心部集中が進み、都心以外は過疎が進んでいます。これは、山林を活用すべきと同時に、都心部の空間を大事に活用すべきことも示唆しています。都心部の人が集中することへの対策として、高層ビル化に伴う、地上より」高い空間の活用と、地下の活用が徹底されるようになりました。このまま都心部への人の集中が進めば、私はさらなる空間の合理的活用として、「人」と「車」の活動高度の住み分けが進むと思います。
最も簡単な手段は、都心部の鉄道や道路の下に地下道を張り巡らせ、人は原則、地下を通行することとすることです。これにより、人用の信号機が地上に不要になれば、車の渋滞は大幅に解消され、結果的に移動は飛躍的に便利になるでしょう。
今使われていない土地を活用する方法も、人が集中している土地の三次元的なさらなる有効活用もまだまだ工夫の余地はあります。大事なのは都市の一体感で、採用する工夫は町全体でしっかり取り入れること。東京等への一極集中は、五輪後もまだまだ続きそうですので、この観点で今後どのような未来都市が作られていくのか非常に興味があります。

|

« 裏から見ると・・ | トップページ | How to ask your way in your journey »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 裏から見ると・・ | トップページ | How to ask your way in your journey »