« 「勝者のメンタリティー」は教わるものではなく | トップページ | ゴリマッチョと細マッチョを分けるもの »

2019年4月19日 (金曜日)

お酒と成長実感

私は最近はお酒は金曜夜~日曜昼までしか飲みません。仕事のパフォーマンスを意識してのことですが、それでも月曜日は不完全燃焼で、木曜・金曜になると、疲れやストレスとは裏腹に頭はよく動きます。私は平日の朝は欠かさず腹筋と5キロジョギングを行いますが、これも月曜日はしんどく、週末が近づくにつれて身体がよく動きます。
いずれも自身の成長のための修練。毎日同じ量の修練を積みながら、それに対する苦痛感・成長実感が異なるのは、成長プログラムを組み立てるうえで重要なポイントです。どうせ頑張るなら、できる限り苦痛を感じず、成長実感を感じながらやりたいものです。私の場合はお酒との関係が大事なようで、お酒を控えれば修練の苦痛感は低減され、成長実感も得られやすいですが、修練の積み重ねでストレスや疲れが溜まると、その解消にお酒が必要というわけです。
これは私のケースですが、誰にも、「大好きなものを控えた飢えた状態」が調子よく、しかしそれではもたないので大好きなものを時々楽しむ、という人は多いのえはないかと思います。これは、「飢えた良い状態」と「飢えていない悪い状態」をどう使いこなすかという問題かと思います。ここで、より負担のないストレス解消方法を考えれば、という提案があると思いますが、結局、そのストレス解消法に飢えている時が調子よく、そうでない時が調子悪いことになるのではないでしょうか。
どういう場合が調子よくて、どういう場合が調子悪いかは検証が必要ですが、おそらく大事な何かを断つことが、修練において良い感覚を得ることが多いのでしょう。こうなるとバランスの問題で、平日は仕事と自分がやりたい事の修練に努める、休日は自分へのご褒美をあげて力を蓄える、そのメリハリが、効率よく成長するうえでとても大事なのだと思います。

|

« 「勝者のメンタリティー」は教わるものではなく | トップページ | ゴリマッチョと細マッチョを分けるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「勝者のメンタリティー」は教わるものではなく | トップページ | ゴリマッチョと細マッチョを分けるもの »