« ネットで操作する側に求められるもの | トップページ | お酒と成長実感 »

2019年4月18日 (木曜日)

「勝者のメンタリティー」は教わるものではなく

近時、「勝者のメンタリティー」という言葉を時々耳にします。勝者がどのような心の持ちようで、日頃の修練や、本番に挑んだかをまとめたもので、他人のこれを読んで納得する人もいるのかと思います。しかし、私はこの手の成功体験談は基本的に参考にはしません。
「勝者のメンタリティー」はおそらく、1回大きな事を成し遂げた人ではなく、勝ち続けた人が提唱するものだと思います。その人が勝ち続けるためには、当然、努力により補充しなければならない能力あり、運に左右される部分をどう乗り越えるか考えなければならない課題ありで、これはあくまでその人の目の前に現れたハードルです。我々別人の前に現れるハードルは別のもので、かつ、そうした勝ち続けられる人よりも高いハードルが課せられると予測されるため、その勝ち続けた人の方法論は、我々には適用できない事が多いのです。
「勝者のメンタリティー」を「謙虚であるべき」とか、「勝負どころでリラックスせよ」とか、簡単に要約することが可能なケースもありますが、これは、その勝者の考えを誤解する危険があります。常に謙虚であったり、リラックスすることは困難ですし、勝負どころでは、時によって相手を格下に見たり、高い集中力を凝縮しなければならないタイミングもあるからです。
逆転の一手は本やネットで拾えるものではありません。自分の環境に合わせて自分で考えるよりほかありません。他人の成功経験は参考にしてもよいですが、それをベースに自分流の戦略を立てて実行し、失敗し、何がまずかったかを振り返って、次の戦略に活かす、このPDCAサイクルを回さなければ自分流のセオリーは見いだせないでしょう。私が他人の体験談を参考にしないのは、ここで時間のロスが生じるため、どうせ時間がかかるなら、自分で1から考えてみようと思うからです。
「勝者のメンタリティー」は教わるものではなく、自分で導き出すもの。そのためには、たくさん失敗できる局面を準備して大々的に実験することこそが何よりの近道になります。

|

« ネットで操作する側に求められるもの | トップページ | お酒と成長実感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネットで操作する側に求められるもの | トップページ | お酒と成長実感 »