« お酒と成長実感 | トップページ | 裏から見ると・・ »

2019年4月20日 (土曜日)

ゴリマッチョと細マッチョを分けるもの

私は筋トレをすればするほど体重が落ちていき、本当に吐く寸前まで胃に食べ物を詰め込まないと痩せていきます。体重は依然60キロ台後半で体脂肪率も4%台を維持しています。トレーニング量は、アマチュアの中では決して少なくないはずですが、いわゆるゴリマッチョのような隆々とした筋肉にはなかなか育ちません。
これは単に食生活の違いにあるのかと思います。いわゆる細マッチョは、脂肪はもちろん、炭水化物も最低限しか摂りません。ですから筋力は上がっても筋肉自体は大きくなりにくいです。これに対して、いわゆる細マッチョは脂肪摂取は避けていると思いますが、炭水化物はガッツリ食べます。結局はこの差なのでしょう。筋肉はメインはタンパク質ですが、タンパク質だけで構成されているわけではありません。もちろん水分も大きな比重を占め、炭水化物をとればとるほど筋肉は(筋力は同じでも)大きくなりやすいのでしょう。
体育会系組織では「とりあえずガンガン米を食べて身体を大きくしろ」という指導も多いですが、これも炭水化物を摂れば身体が大きくなるという経験則があるのかと思います。しかし、いわゆるゴリマッチョで低脂肪率の人が少ないことからも、炭水化物を摂って筋肉をつけるには脂肪もある程度同伴させざるをえないことも推察されます。
こう整理してみると、私は大きな筋肉は要らんなと思います。大きな筋肉を持っていても、社会人以降、人前で筋肉を晒す機会はまずなく、無理晒そうとすると変態です。筋肉は誇るものではなく、筋力と、服の上からどう見えるかが大事なのです。そう考えると、「見た目細いのに力はすごい。服の下どうなってるんんだ?」と周囲の興味を惹くくらいがベストなのではないでしょうか。
私は頭を使う仕事に就いているため、昼までは炭水化物をしっかり摂っていますが、夜は完全シャットアウトしています。その結果が冒頭の体重・体脂肪率であり、夜は肉と野菜だけ食べて痩せていくという奇妙な生活が続いていますが、無駄な成分を身につけて身体の大きさを誇る必要はなく、この路線の維持でよいのだと再認識しました。

 

|

« お酒と成長実感 | トップページ | 裏から見ると・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お酒と成長実感 | トップページ | 裏から見ると・・ »