« How to ask your way in your journey | トップページ | 小さな成功の捉え方 »

2019年4月24日 (水曜日)

現代流アメとムチ

人材不足の今の時代、自分の組織にいるメンバーを育てるのが絶対原則です。そこで、育成担当を任命し、一生懸命鍛えるのですが、あまり行き過ぎるとすぐにメンバーはやめてしまいます。かといって、ぬるい指導ではメンバーはあまり育ちません。
そこで、組織内でアメとムチの使い分けが大事になります。指導の場面では厳しく、それ以外の場面ではゆるやかに、メリハリをつけて指導するのが良いと言われています。このアメとムチの制度設計をするうえで、ムチは指導担当で良いかもしれませんが、アメを誰がどう提供するかは考えものです。
ここで、組織のトップはいつもニコニコして、メンバーに感謝の気持ちを込めながら握手するのが正しい姿だとよく言われます。そうすると、指導担当は厳しくして、トップがメンタル面をフォローするのが良い構成に思います。私が今まで色々な業種を見てきた中で、指導担当が×をつけた人を、トップが排除するという構図をとっている組織は例外なく空気が悪かったように思います。指導担当の仕事はメンバーの優劣をつけることではなく、組織を支える優秀な人材の育成です。それが、「使える奴だけ使う」という意識のもと、自分の目には叶わない者を「組織に不要」と」査定し、組織のトップがこれを言い渡すような組織ははっきり言って、どこかおかしいです。
あるメンバーを指導する中間管理職はもちろん、その対象を良くも悪くも評価してよいのですが、悪く評価して組織から追い出す、という視点を持ってしまうと、その組織は機能しなくなります。良い人にはより中核的な業務の機会を与え、悪い人にはより基本的な業務機会を与える、というのがスタンダードのはずです。そして、良い人も、悪い人も、組織に貢献している事実は間違いないのですから、その大小に関わらず、トップが笑顔で感謝の意を伝えると、さらに頑張ろうという意欲をかきたて、組織をより良い方向に導けるでしょう。指導担当は原則厳しくてよく、ただ、それが原因でメンバーが悩むようなタイミングで、組織のトップが感謝の意を示しつつ必要性を説くことが現代的に有効なのです。

|

« How to ask your way in your journey | トップページ | 小さな成功の捉え方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« How to ask your way in your journey | トップページ | 小さな成功の捉え方 »