« 3 cold days after 4 mild days | トップページ | 早く負けることの光明 »

2019年3月27日 (水曜日)

戦い続ける意思

どの世界でも、ナンバーワンになるのは、勝ち続ける人です。勝負事なのだから全部は勝てないよ、時々負けるよ、と思う人はその時点で二流で、絶対にナンバーワンになることはできません。勝ち続けるためにはストイックに努力し、最善を尽くし続けなければいけません。それが窮屈だからナンバーワンは目指さないという生き方もあります。私もこの考えには共感します。
勝ち続けるために最善を尽くし続けることは放棄しますが、成功者になりたいという思いは捨てられません。では、どうすればよいでしょう。勝ち続ける人以外が2位以下になるのであれば、2位を目指すことはできそうです。全部勝たなくても要所を締めて効率よくのし上がればよいのです。効率の良い戦い方は置かれた環境に依るので一概には言えませんが、成功するために戦い続ける意思さえあれば、100勝1敗の猛者をしのいでナンバー2になることは可能なはずです。
ナンバーワンになる勝ち続ける人は、若い頃からストイックに努力し、成功への最短距離をひたすら突き進んでいます。これは、自分で気づいたものではなく、おそらく周囲に教えられた考えでしょう。そうした考えを教えてくれる師匠に出会わなかったという点で、その他多くはもとよりナンバーワンになるチャンスはなかったのかもしれません。
しかし、勝ち続ける意思は自分の気持ち1つで持ち続けられます。これを持ち続ければナンバーワンにはなれなくても、必ず成功者の域に達することができるでしょう。最近では、周囲がびっくりする大きな成果を成し遂げる人が増えているように感じますが、我々凡人はそうしたトップを走り続ける人を参考にしてはいけません。勝ち続ける人は無視し、その下に位置づけられるよう走り続ける意思を持つことが現代的には合理的な戦略なのだろうと思います。

|

« 3 cold days after 4 mild days | トップページ | 早く負けることの光明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3 cold days after 4 mild days | トップページ | 早く負けることの光明 »