« 産みの苦しみ | トップページ | 環状線回帰 »

2019年3月16日 (土曜日)

ほどほどが一番

外で定食などを食べる際、サラダにはドレッシングがかけられて出てくることが多いです。ドレッシングの瓶をテーブルに置いて各自がかけるというのでは不衛生だからでしょう。このドレッシング絶妙に「ほどほど」にかけられています。ドレッシングなしまたは量が少ないと不満が出て、逆に多くても不満が出るでしょうし、人それぞれかけたい量があると思うのですが、一律にほどほどにかけて、不満が出るのを回避しています。
低調味料ダイエットの話ですが、サラダをドレッシングなしで食べられるならそれが最も健康的です。しかし、ダイエット目的で無理に美味しくない食べ方をするのはもったいなく、ほどほどに調味料で味を調整するのは必要と考えます。この「ほどほど」は突き詰めて考えると自分にベストな量が出せるのかもしれませんが、大事なのは精神的に不満を感じないことで、その範囲は意外に幅広いのだと思います。ですので、この幅の範囲内で、気持ち少なめに調味料を使用することが健康に良いのではないかと思います。
ダイエットは早く結果を出したいところですが、そのためにあまり極端に走らず、「ほどほど」を意識することが精神的な負担を軽減して継続できる大事なポイントなのかと思います。

|

« 産みの苦しみ | トップページ | 環状線回帰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほどほどが一番:

« 産みの苦しみ | トップページ | 環状線回帰 »