« Is it a cold or hay fever | トップページ | 次の情報に敏感に、スタートダッシュ! »

2019年3月 6日 (水曜日)

対策を打てる間に情報入手を

「癌による死亡者数が増えている」これは数字上間違いのない事実のようです。しかし、このことから「癌になる可能性が高まっている」と考えることはできません。高齢化が進み、癌以外の死因が減少したことに伴い、必然的に癌になるまで生きられる人が増えたにすぎません。というわけで、「癌による死亡者数が増えている」からといって特段、癌の対策をするよりは、その他の解決し得る死因を確実につぶしていくことが長生きのコツです。
これは情報の捉え方の重要性を説く際に例として挙げられるものですが、癌を回避するのを目的とするならば、身体に違和感がなくともこまめに癌検診を受け、早期発見を徹底することです。手遅れになる前に癌に気づくことができれば、その情報はプライスレスで、もったいないとか言うのではなく何度も何度も検診を受けるのが、癌を回避する最善策になります。
このように、現代では、早く適切な情報を得ることができれば、リスクに対して対策を打つことができます。このような情報は高い対価を支払うに値するもので、積極的に求めていくことが、この時代を勝ち抜くカギとなります。
大事なことは、情報を得るタイミング次第では、その価値は無限大にもゼロにもなり得ることに留意しつつ、しかし、目的に照らして適切な情報を入手しなければならないことです。早く入手しなければと焦って、簡単に入手できる情報に走っても意味がありませんし、慎重に丁寧に収集しても意味がなくなるおそれがあります。
ここのバランス感覚はいくつか場数を踏まなければなかなか得られないかもしれません。まずは身近な目標について、それを確実に成功させるために、いつどのような情報を得なければならないか考えてみると、このトレーニングになるのではないかと思います。

|

« Is it a cold or hay fever | トップページ | 次の情報に敏感に、スタートダッシュ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対策を打てる間に情報入手を:

« Is it a cold or hay fever | トップページ | 次の情報に敏感に、スタートダッシュ! »