« We have time in the morning | トップページ | その差は大きい?小さい? »

2019年3月13日 (水曜日)

本当に欲しい部下

中間管理職にとって本当に欲しい部下とは何でしょうか?周囲とコミュニケーションがしっかりとれて与えられた仕事はきっちりこなせる人?そうした人がいれば管理職はかなり楽にはなります。しかし、答えをすぐに他人に求める人は成長しにくいのが現実です。
中長期的に見れば、「勝手に成長する人」がいると管理職には嬉しい誤算が相次ぎます。与えられたミッションは早く進むうえ、評価はあがり、さらにそのチームに入りたい人も増えていくからです。
こうした「勝手に成長する人」はどうすれば育成できるかを考えると、こうした人は1つの問題を自力で考え抜く傾向があります。他人に頼らず、自分の実力で考え抜くから成長するのかもしれません。しかし、これは短期的にはチームに不利益で、チームの成果にはなかなかつながりにくいです。
このように、周囲に答えを求めてすぐに解決できる人、自分で抱え込んで自分の成長につなげる人など様々いる中で、管理職が考えるべきは、自分の基準で評価、仕事の配分をするのではなく、それぞれを伸ばすということでしょう。こうした多様な人材を抱えることは面倒ではあるものの、同じような人ばかり抱えるよりはずっと将来は明るいです。目先の仕事の結論を出すことはもちろん重要ですが、さらに伸びる人を伸ばして育成の成果もあげることができれば、中長期的にさらに仲間が増えていくでしょう。現代的には、本当に管理職が求める部下、チームとは目先の成果を効率よくあげる器用な人材ばかりではなく、扱いに困る人も含めた多様なチームなのだと思います。

|

« We have time in the morning | トップページ | その差は大きい?小さい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当に欲しい部下:

« We have time in the morning | トップページ | その差は大きい?小さい? »