« 一極集中のリスクと限界 | トップページ | デッドポイントを楽しむ »

2019年1月24日 (木曜日)

事実を当たり前と思わない

「事実から目を背けてはいけない」とはよく言われます。事実は今確かに目の前にあるものであり、それまでの様々な事象の結果であるためそれを受け入れるよりほかないからです。しかし、逆転の手法を考えるにあたっては、逆に事実を当たり前だと受け入れないことも大事です。
たとえばある会社に新入社員がたくさん入ったとします。その中には有望な人も、逆にその会社に合わない人もいろいろいるでしょう。ですが、最初は同じ立場で同じ待遇です。この「同じ」という事実をそのまま受け入れるようでは有望な人にはかないません。有望な人は地力があるうえに熱心に努力します。ですので、その人に逆転するにはそれ以上の努力をしなければいけませんが、「同じ」だという事実を受け入れてしまうとその努力ができなくなります。
さらに例を挙げると、ある会社に長年取引している先があったとします。「長年続いている」という事実を受け入れてしまうと、その先と取引するのは当たり前で手柄でもなんでもないため、どうしても従業員の熱意は下がってしまいます。その結果、その先が取引をやめると言い出せば大損ですし、その段階に至って慌ててももうなす術はありません。
事実には必ず因果があるため、その因果をきちんと理解すべきだというのが「事実から目を背けてはいけない」ということ。しかし、その因果は、惰性的な平等主義や継続性の原理に依るだけのものかもしれません。そのような事実は自らの強みに依るものではないため、努力しなければ維持できないことに気づくべきだ、というのが、「事実を当たり前と思ってはいけない」ということ。
事実は様々なかたちで多くのことを教えてくれます。これを貪欲に学び、逆転に生かしていくことが大事だといえるでしょう。

|

« 一極集中のリスクと限界 | トップページ | デッドポイントを楽しむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事実を当たり前と思わない:

« 一極集中のリスクと限界 | トップページ | デッドポイントを楽しむ »