« ○○とはつきあうな | トップページ | それ、本当に「簡単なハードル」? »

2019年1月31日 (木曜日)

落ち着く練習

逆転のための基本的な手法は逆境でも落ち着くことです。慌ててバタバタしても良いパフォーマンスを出すのは困難です。そこで、普段から難しい局面で落ち着く練習をしておくことが大事です。
これは我々が普通に過ごす中でトレーニングできることが多いです。我々は多少なりとも欲張りで自分の実力ギリギリかそれ以上の目標を立てることがあります。そのような目標の達成のためには、もちろんスムーズにいくことは少なく、ピンチが訪れます。その際に落ち着いて取り組むことを繰り返すことにより、逆境でも落ち着く練習が可能です。
そのためには、難しい局面に正面から向き合う必要があります。難しい局面ですぐに投げ出したり、十分な時間を確保してゆっくりやるのではあまりこの落ち着く練習にはなりません。成功できるかどうかはどうでもよく、成功するために落ち着いて自分のベストを引き出す取り組みを行うことが大事です。
可能であれば普通の場面や、難しい局面であえて自分にハンデを課して、時間を短くしたり、普段使えるカードを温存したりして取り組むとなお効果があがるでしょう。
難しい局面はそれを乗り越えると大きな経験値を得ることができますが、それは能力的な部分だけではなく、逆境で落ち着いて物事に取り組むことができる精神的な部分の成長ももたらしてくれます。これを簡単に投げ出してしまうのは本当にもったいない。こうした局面をしっかり生かして目いっぱい成長することが逆転のために非常に重要なポイントになります。

|

« ○○とはつきあうな | トップページ | それ、本当に「簡単なハードル」? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落ち着く練習:

« ○○とはつきあうな | トップページ | それ、本当に「簡単なハードル」? »