« ○○の友人を持て | トップページ | 楽な日、しんどい日、どちらが満足? »

2019年1月17日 (木曜日)

逆転しなくてもいいんじゃないか

箱根駅伝の第7区。トップの東洋大にみるみる追いつく東海大は4秒ビハインドで8区にたすきをつなぎました。両角監督も翌日のテレビ番組で、ここでは逆転しなくてよかったと述べています。逆転しないことにより、相手をペースメーカーに中盤まで力を蓄えて後半に一気に差をつける戦略が成功しました。
我々は様々な競争や勝負にさらされており、その中で「勝ちたい」と思った戦いについてはできる限り早く逆転したいと思います。しかし、本当に早く逆転しなければならないでしょうか。そこは長い戦いの中間点であることが多いかと思います。一時的に逆転しても、それで相手に火をつけてすぐに逆転されたら元も子もありません。最後のゴールに早くたどり着くために最善策を検討すべきです。
逆転の一手を投じるべき局面かどうかはきちんと判断すべきということで、自分が逆転したいから、という気持ちで決めるよりは、少し流れを巨視的に見て、そこがゴールであるとか、その前にそこで逆転しなければ勝てなくなる見通しの局面などで全力を尽くすべきでしょう。
勝負事は自分の感情を満足させるためではなく、自分の生活を豊かにするために乗り越えなければならないもの。逆転を考える際には、根本的な目標をそこで一度見直すことがとても大事です。

|

« ○○の友人を持て | トップページ | 楽な日、しんどい日、どちらが満足? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆転しなくてもいいんじゃないか:

« ○○の友人を持て | トップページ | 楽な日、しんどい日、どちらが満足? »