« It is a "frozed" seazon after New year's day. | トップページ | 一流と二流の考え方の差 »

2019年1月 9日 (水曜日)

ITの学び方

これからの時代、ITの理解なくして進んでいくことはできません。どこかで自学でITを学ぶ必要があります。それはわかっていても、どう勉強すればよいかわからない人は多いのではないでしょうか。
一番簡単なやり方は本で学ぶことですが、これが一番勉強としては困難な方法です。本は不特定多数の人を対象としているため、学ぶ側が本のレベルに合わせなければならないからです。同様に、セミナーなどで学ぶのも同じ理由で困難です。
ITは身近にいろいろ存在します。ですので、ITを学ぶためには、まず身近なシステムを触ってみて、動かしてみることが有効です。システムを動かして機能を理解し、インプットとアウトプットの対応関係に気づくのが最初のステップで、これを切り口に知識を増やしていくことができます。
もちろん、インプットからアウトプットへの因果関係をすべて理解するのはこの段階では困難です。しかし、自分の理解できる範囲でネットで調べて、覚えて、そうすると、次にはその理解をベースに新しい理解を進めることができます。勉強というものはそういうもので、あくまで自分のペースで、自分のレベル合わせて根気よく段階を踏む必要があります。
これは、それまで勉強で苦労してきた人はよく知っていることですが、勉強に苦労した経験の少ない人は、ついつい何かの本やセミナーで簡単に必要な知識を得ようとしがちです。
それまでの勉強経験がこうしたカタチで差につながるのは奇遇ですが、我々はITの学習は避けられず、それは自分目線でコツコツやりしかありません。

|

« It is a "frozed" seazon after New year's day. | トップページ | 一流と二流の考え方の差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ITの学び方:

« It is a "frozed" seazon after New year's day. | トップページ | 一流と二流の考え方の差 »