« シェアリングはシェア仲間とのコンフリクトが鍵 | トップページ | 機会あり有難し »

2018年12月13日 (木曜日)

どこでギアを入れるか、どこでやめるか

現役東大生が様々なメディアに出たり、本を出したりしているのをみかけます。そうして露出している東大生は、中学受験からのトップランナーではなく、中学受験段階では出遅れた事をその後挽回したことを武勇伝にしがちです。
世の中に出ると、決して東大卒が世間を牛耳っているわけではありません。マイナーな大学出身者あるいは大学を卒業していない人が大きな企業を立ち上げたり、専門家として成功するのは決して珍しくありません。このように、トップランナーは決してトップランナーであり続けたわけではなく、人生という長い歴史の中で絶えずめまぐるしい首位争いを演じているのです。
なぜこうなるかというと、ギアを入れるタイミングが人によって異なるからです。最初にギアを入れて中学受験で灘や開成に良い成績で入っても、その後努力の緊張を緩めてしまうとすぐに追い抜かれてしまいます。東大に入っても、一流企業に入っても同じです。ギアを入れるタイミングと緩めるタイミングが大事で、それは多少遅くても全く逆転に支障はないのです。
ギアを入れ続けるのがベストですが、それには相応のモチベーションが必要です。ですので、そのモチベーションを探し当てることこそが、長く努力を続け、スタートで遅れても逆転をする鍵になります。
中学受験を上位でクリアする、東大を良い成績で卒業する、司法試験に上位で合格する、これらは途中経過の事実であって目標ではないはずです。その先で何を究極的に求めるのかを見出さなければ結局大衆の中に埋まってしまいます。
魅力を感じない目標に努力できる人は限られています。ですので、この段階で出遅れるのは当然で、別に問題はありません。しかし、本当に成し遂げたい目標をみつけた時には、そこでギアを入れて、時間を精一杯大切にしてあらゆる努力を尽くす、この意識を強く維持することが逆転を成し遂げるために不可欠です。

|

« シェアリングはシェア仲間とのコンフリクトが鍵 | トップページ | 機会あり有難し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どこでギアを入れるか、どこでやめるか:

« シェアリングはシェア仲間とのコンフリクトが鍵 | トップページ | 機会あり有難し »