« 成功者がまだ弱い時 | トップページ | 休憩のタイミング »

2018年10月 5日 (金曜日)

本は端折らず5回読め

全く自分の知らないことの書かれた本を1度通読した際の理解度は、10書かれたうちの2~4程度でしょう。ですので、その本の内容を体得するには、何度も読み直す必要があります。
5回読めばその本の内容をマスターできるなら、5回の通読にチャレンジできる人は多いと思います。しかし、問題なのは2回目以降の読み方で、過去の読書やその他の経験から、「自分は理解できている」と認識しているパートは読み飛ばしがちになります。本当にその部分を理解できていれば問題ありませんが、その認識が誤解であると、その読み飛ばした部分は永遠に体得できないことになります。
というわけで、本の内容をマスターしたければ、毎回気持ちをリフレッシュして謙虚に全部読み解こうとする気持ちが不可欠です。効率を意識して読み飛ばそうとするとかえって非効率な読み方になってしまうのですが、謙虚に1から読み直すことは以外に難しいです。
このような時、急ぎでなければ1度目を読み終えた後、しばらく時間をおいてみましょう。人間、時間をおけば、定着していない記憶は簡単に失います。それを意識して2度目を読むと、より謙虚に一言一句を追うことができるでしょう。
個の成長の妨げの1つは、「自分はこれはできる」という慢心。これをマインドコントロールで持たないようにするのは難しいため、少し時間を置くなどの工夫により、慢心を持ちにくい状態で取り組む工夫が、地味に成長に直結します。

|

« 成功者がまだ弱い時 | トップページ | 休憩のタイミング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本は端折らず5回読め:

« 成功者がまだ弱い時 | トップページ | 休憩のタイミング »