« 斑鳩の里へ | トップページ | We should train inspiration »

2018年10月 8日 (月曜日)

いつやるか決めてしまう

勉強やトレーニングなど、つらい事を続けるにはいくつかコツがあります。精神的な辛さを和らげるために客観的な部分で少しでも楽にするのがセオリーで、いつそれをするのかスケジューリングしてしまうのが1つの工夫です。
仕事で夜遅く帰ってきて、それから勉強やトレーニングをしようとしてもまず続きません。ない時間を工面してまで続けるのは相当な心理的負荷がかかるため、まずは時間をしっかり確保するのが重要です。時間を確保するには、先取りできる活動は時間のある時にどんどん先取りし、言わば時間を貯金することが有効です。
とはいえ、時間があれば良いというわけではありません。日曜日などに、午後いっぱい時間があいていても、「後でやればよい」とついつい油断し、その間に昼寝や飲酒をしてしまって結局夜までできなかったという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。
このような場合に備え、何時にやるのかきちんと決めておくのが大事です。1つ予定を決めれば、合理的に前後のスケジュールも埋めやすく、メリハリのある活動が可能になります。もちろん。これはあくまでスケジュールですので、前倒ししてもよく、急用が入れば後倒しすることもあるでしょう。
しんどいことをやる、という決断には一定の負荷がかかり、時間がない場合はもちろん、ある場合もついつい後回しにしがちです。この決断をできる限りしやすい環境を整えることが重要で、その1つが、時間を決めてしまって他の選択肢を考えさせないことです。毎日取り組んでいることでも、その日やると決断するのが難しいこともあり、その点について謙虚に取り組むことが成功への大事な工夫であるといえるでしょう。

|

« 斑鳩の里へ | トップページ | We should train inspiration »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつやるか決めてしまう:

« 斑鳩の里へ | トップページ | We should train inspiration »