« なぜ学ぶか | トップページ | 本は端折らず5回読め »

2018年10月 4日 (木曜日)

成功者がまだ弱い時

世の中に多数いる成功者。その話を聞くと、その多くは必ずしも順調にトップランナーであり続けたのではなく、むしろ成功する前は世間一般よりも低いレベルで苦しんだという経験を有しています。すなわち、平均以下からの逆転を果たしたわけです。
ですので、逆転の方法を探るには、成功者の、弱い時の体験談を探すと効率よくそのメソッドを手に入れることができます。私もこうした、成功者の弱い頃の体験談を聞くのが大好きです。その内容としては、「逆転する強い意思」「できることを続けること」「発想の転換」といったことがよく紹介されると思います。
こうしたメソッドは、本や講演などでは必ずしもすべてさらけ出されていないため、本質的な部分は自分で仮説を立てて検証する作業が必要です。発想の転換が大事なのは言うまでもないですが、その人の置かれた境遇の中で、他に発想の転換点はなかったか、あればそれらの転換では足りないのか、あるいは、その発想の転換が真の勝因か、どうすればその発想に至ることができるかといった点を深く考察する必要があります。
他人の逆転劇はあくまで1つの事実。同じやりかたをして自分も同じ事実を再現できるとは限りません。しかし、それは未知のメソッドに気づくための重要なヒントです。本や講演の内容を鵜呑みにせず、その事実の背景を深く考察することが逆転にたどりつく重要な鍵だといえるでしょう。

|

« なぜ学ぶか | トップページ | 本は端折らず5回読め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成功者がまだ弱い時:

« なぜ学ぶか | トップページ | 本は端折らず5回読め »