« 確率勝負に持ち込まない | トップページ | 続けるための心の持ちよう »

2018年10月12日 (金曜日)

逆境に反発するか耐えるか

一生懸命頑張っているのに成果が伴わない、そう感じることは誰もがしばしばあるでしょう。なぜそう感じるのかというと、過去に同じような努力量で成果が出たのに、今回は同じような努力量を投じたのに成果が出ないという自らの経験に基づく比較による場合が多いのではないかと思います。
同じ努力をしても同じ成果が出るとは限りません。周囲の他の条件が異なるはずですし、過去と今とでは同じ成果を出すために積むべき経験値が異なることもよくあります。ですので、過去と同じ努力をして成果が出なかっただけで決して腐ってはいけません。
では具体的にどうすべきでしょうか。まずはマイナス方向に考えないこと。成果が出ないことでやる気をなくして努力量を減らしてしまうのが最悪です。逆に、意地でも成果を出すためにより多くの努力をする、これは自らに余力があるなら最善策になります。しかし、このように逆境で前向きに考えられる意識の高い人はその時点でギリギリまで自分を追い込んでいることも多く、そこで無茶を上乗せするとキャパオーバーで壊れてしまうおそれもあります。
思うように成果が出ないとき、自分にまだ余裕があるならば、その逆境を糧にもっと自分を追い込むべきです。しかし余裕がないのであれば、ここは黙って耐えて、自分のやり方を継続するのがベストです。この余裕があるかないかは自分にしかわかりません。この点をしっかり見極めて、逆境でなお反発するのか黙って我慢するのかを決断することが個の成長に重要な分岐点になります。

|

« 確率勝負に持ち込まない | トップページ | 続けるための心の持ちよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆境に反発するか耐えるか:

« 確率勝負に持ち込まない | トップページ | 続けるための心の持ちよう »