« 想像力と検証力 | トップページ | 祈ったところで何も変わらない、今を変えるのは食生活を変える覚悟だ »

2018年10月19日 (金曜日)

先にインプットを徹底、アウトプット演習はそれから

人の学習スタイルには様々あり、その中で一番メジャーなのが「まずやってみて、実践の中で学ぶ」です。確かにこれが最も効率良いです。ですので、土台が未成熟なまま、成長の機会だけを求める人はたくさんいます。
しかしこの学習スタイルには限界があります。いくら人手不足といえど、まったくの未経験者に教えながら起用する余裕のある使い手は限られているからです。ここで「東大卒」とか、ポテンシャルを感じさせる要素があればまだ可能性が広がる余地はありますが、基本は、未知の領域に挑戦するにあたり、いきなり実践を任されてそこから学ぶというのは難しいです。
あるスキルを得るためにはインプットとアウトプットの2過程があります。前者はそのスキルの標準を学ぶ過程で本やネットなどで学べます。後者は前者を前提として、実際の現場対応を主に学びます。ですので、あるスキルを得るためには、本などで基本を学ぶ→実務で細かい調整を覚える、という流れが最も直線的です。
私は土台を大事にする派なので、先にまず本などで基本を学んでから実務に臨む派です。きちんと勉強してきたつもりでも、知っていることをうまくアウトプットできない、そんな悔しい思いを何度もしてきました。ですので、アウトプットの難しさは重々知っています。
本当にあるスキルを得たければ、軽々しく実践の場を求めず、まずは徹底的にインプットに努めるべきなのでしょう。私も一生懸命勉強しているつもりですが、まだまだインプットが徹底できていないからアウトプットにつながらないのだと反省しています。
実践から学ぼうという考えは効率的なようで、実は機会に恵まれず遠回りになることが多いです。本当に欲しいスキルはまずは本を読み込んで徹底的にインプットすることで、チャンスを広げ、獲得の可能性を高めることができます。

|

« 想像力と検証力 | トップページ | 祈ったところで何も変わらない、今を変えるのは食生活を変える覚悟だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先にインプットを徹底、アウトプット演習はそれから:

« 想像力と検証力 | トップページ | 祈ったところで何も変わらない、今を変えるのは食生活を変える覚悟だ »