« 芝生広場を散策する | トップページ | How much is the best fat rate »

2018年10月29日 (月曜日)

相手目線でお得な情報を提供せよ

本屋やコンビニなどで袋に強制的に入れられるチラシ、誰が読みますか?そのままゴミ箱行きがほとんどだと推察されます。動画の途中に割り込むCM動画や、さらに言うならテレビ番組の間のCMも、普通は誰も注目しません。利用者が望んでいないからです。
そこで、こうした広告を有効にするために必要なのは、利用者のニーズに応えること。すなわち、利用者に有益な情報をわかりやすく提供することです。売手目線で売り込みたい原価率の低い商品を広告しても利用者の心には響きません。ならば逆に、採算ギリギリの原価率の高い商品を割安で広告すると、利用者は「お得だ」と興味を持つかもしれません。
最初から割引するとすべてのお客に対して割安な値段で売らなければなりません。そこで、チラシに代えて割引券を入れたらどうでしょう。多くの利用者は少なくとも何がどれだけ安くなるか確認し、魅力を感じたら買いに来ます。これなら他のお客には値引きせずに済むため利益は大きくなります。
無造作に袋に放り込んだり、路上で配布するチラシはほぼ無駄な活動です。結局、相手は自分に有益な情報しか見ないのですからそれなら最初から割引券を配った方が得になるわけです。広告は消費財の売上アップには欠かせないものですが、旧来のやり方を漫然となぞるのではなく、自分の売りたい商品をアピールしようとするのではなく、相手にいかに「お得だ」と思わせるかを考えて内容を構築する必要があります。

|

« 芝生広場を散策する | トップページ | How much is the best fat rate »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相手目線でお得な情報を提供せよ:

« 芝生広場を散策する | トップページ | How much is the best fat rate »