« 初見で1発でできないというアドバンテージ | トップページ | ユニバーサル・スタジオ・マカオ? »

2018年8月25日 (土曜日)

続けている人目線の長期休暇

ずっと続けている筋トレを、出張で休む時に思うことがあります。その内容はこれから運動を始めようとする人の考えと大きく違うようです。
運動を始めようとする人、始めたばかりの人は運動の負荷が大きいので、「休み」がとても貴重に感じられます。これに対し、ある程度続ける人にとっては続けることはそれほど負荷ではなく、むしろ数日休んでしまうと再度アクセルをかけるのが大変になります。
私の場合、出張予定がきまると、これによりできなくなる分のトレーニングを出張日までに上乗せしてこなします。ですので、この期間しんどくなり、出張中トレーニングしないため、オフ明けはとても体に負荷がかかります。こんなしんどい思いをするなら出張などなく毎日決まった内容をこなしていきたい、と考えるのは理解できるのではないでしょうか。
最初はしんどくても、ある程度続けると、止まるよりも続ける方が楽になります。そうすれば順調に成長していけます。続ける人とそうでない人とも差がついていくでしょう。「休みなんてない方がいい」続けるとこう思える日が必ずきますし、そのよう心理状態に持ち込むのを1つの中間目標にしてもよいかもしれません。

|

« 初見で1発でできないというアドバンテージ | トップページ | ユニバーサル・スタジオ・マカオ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続けている人目線の長期休暇:

« 初見で1発でできないというアドバンテージ | トップページ | ユニバーサル・スタジオ・マカオ? »