« How to transmit a culture from one generation to the next | トップページ | 強い相手とは練習試合をせず初戦で叩け »

2018年8月22日 (水曜日)

人材のリスクポートフォリオ

高校野球を見ると気づきますが、有力チームは試合によってメンバーを変えていきます。先発投手をローテーションで回すのは体力面で避けられないことですが、投手だけでなく相手投手や試合展開の見込みなどをふまえて、また、試合間の練習での調子なども考慮して、その試合でのベストメンバーを組むわけです。
野球に限らず、チームは優秀な人を軸に組立てます。しかし、その軸にする優秀な人が常にチームのベストを尽くせるとは限らず、2番手の人との差は相対的で確率的なものにすぎません。1番の人が調子の悪いときなどに、それでチームも一緒に沈んでしまわないよう、2番手、3番手の人材を用意しておくことがリスク対応として重要で、様々な組織で採用されています。
法律事務所でいえば、ある分野で傑出した専門家がいたとしても、その事務所はその分野の2番手、3番手を積極的に育てていきます。そうするとトップの専門家が多忙のため受けられない仕事を受けられるようになりますし、その分野を取り扱う範囲を広げていけます。また、トップの専門家が急に独立したり、高額の年棒を要求するような場合にも、事務所として強気に対応できます。
現代的には、優秀なエースがいるから大丈夫なのではなく、優秀なエースがいるからこそバックアップを育てるのがセオリーになります。金融商品などでよく使われるリスクポートフォリオですが、人材という流動的なものにも同様の考え方が適用できるのかと思います。

|

« How to transmit a culture from one generation to the next | トップページ | 強い相手とは練習試合をせず初戦で叩け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人材のリスクポートフォリオ:

« How to transmit a culture from one generation to the next | トップページ | 強い相手とは練習試合をせず初戦で叩け »