« Pain ie a good medicine for our growth | トップページ | 選択と集中の限界 »

2018年8月29日 (水曜日)

気にすべきでないものと、気にしないといけないもの

将来の夢を聞くと、男子はスポーツ選手、女子はアイドルを挙げる人が一定割合います。その理由は好きなことをやって、人気が出るから、というものが多いようですが、現実はそう甘くありません。前者の「好きなことをやる」のはとても素晴らしい理由です。しかし、現実にはそれでは食べていけないため修正を余儀なくされます。
「人気を得られる」という理由には2つの相反する側面があります。スポーツ選手やアイドルはメディア露出が多いため、多くの人に認知されます。しかし、それは良いことばかりではなく些細なことで誹謗中傷される可能性が増えるということでもあり、傷つきたくない人にはこうした職業は向きません。誹謗中傷の多くは有名人に対する妬みですので、そう割り切れるとよいのですが、割り切れない人間は逆に「目立たない」ようにすることが実は最善策です。
もっとも、周囲の雑音を無視ばかりしていればよいわけではありません。成功するためには一定のパワーを持った人の協力が不可欠です。しかし、こうした人はパワーを持っているが故に要求も高いです。高額の金銭や、女性なら身体を求められる可能性もあります。パワーを持った人とのつきあいは、成功のためには欠かせないため、原則として自然につきあいつつ、距離感を持つ、断る一線をはっきりさせることが大事です。
このように、現代的には、成功するために無視すべきものと、無視してはならないものがあります。普段自分を支えてくれるファンの意見であっても批判的なものはスルーしなければ身体が持ちませんし、スポンサーなど力を貸してくれる存在に対しては、多少理不尽な言動に耐える必要が生じえます。いずれも常識ベースでバランスをとることが大事で、マニュアル通りに反応するのではなく、1つ1つ考えて行動することが、より精度の高い判断をするために重要なステップとなるでしょう。

|

« Pain ie a good medicine for our growth | トップページ | 選択と集中の限界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気にすべきでないものと、気にしないといけないもの:

« Pain ie a good medicine for our growth | トップページ | 選択と集中の限界 »