« 可能性は多岐に | トップページ | ただ仲間の多いところに行くだけでなく »

2018年8月 3日 (金曜日)

あえて面倒な道を選ぶ

与えられたミッションに対して我々は、いかに安全に、いかに楽して達成するかリスクマネジメントの視点で自然と考えます。これは非常に良い習慣です。しかし、ミスが許される場面ではもう少し深く考えて、あえて困難なやり方を選んだ方がよいケースもあります。
1つ1つのミッションは当然のことながら我々の成長の糧であり、そこでどれだけの経験値を得られるかが次のステージでの成功につながってきます。ミッションは成功させなければならないため、本来余裕はないはずですが、時に、時間に余裕があったり、多少のミスは不問にされるものもあります。そうした機会では簡単に終わらせようとせずに、あえて面倒くさい選択肢を選んで経験値を積むと、そうでないケースよりも成長できます。
また、楽に済ませられるところを丁寧に活動すると、「この人は周囲のために汗をかいてくれる人だ」と、好印象にもつながりやすいです。しんどい思いをすることは決して損ではなく、巡り巡って得になる場合もあるのです。
これは、要は手持ちの資源からいかに高収益ならぬ高経験を得るかという問題。時間や機会などの資源は有限なので、その中でいかに成長するか、そのために、必要はないけれども苦労してみることが、実は費用対効果の良い好手であることがしばしばあることは覚えておいたほうがよいでしょう。

|

« 可能性は多岐に | トップページ | ただ仲間の多いところに行くだけでなく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あえて面倒な道を選ぶ:

« 可能性は多岐に | トップページ | ただ仲間の多いところに行くだけでなく »