« Whether we can take carbonhydrate depends on time | トップページ | 調子とチャンスをシンクロさせる »

2018年5月16日 (水曜日)

可愛い子には手綱をつけて旅をさせろ

組織を強化するためにいかに人材を育てるかは大きな鍵となります。OJTだけではなかなか大きく育たないため、時に出向という形をとって他の組織で異なるスキルを身につけさせることも重要です。
この「よそで育てさせる」という手段は一見味がよいように見えますが、こうした味が良い一手はいろいろ注意が必要です。まずは、組織でくすぶっている人材を出しても、今度はその出向先との関係が悪くならないか気をつける必要が生じます。
逆に、有望株を出向に出す場合、出向先でも高く評価される可能性が高いため、出す前に必ず帰ってくることを約束させないと大損になります。
組織や個人のマネジメントを考える際、一番よくある失敗は自らの組織や個人の利害ばかり考えすぎて周囲の利害・損得に配慮できなかったというものが挙げられます。「自分がやりたいこと」は社会ではなかなか実現できません。周囲の他人はそれに応じることに利益を感じていないからです。
現代的な戦略を考えるうえでは、自らの組織や個人だけがプレーヤーの世界で物事を考えるのではなく、周囲の利害を計算にいれることが必須であり、さらに、自らの組織や個人に必要な資源はしっかり確保したうえで、外でさらなる経験や資源を得ることが有効です。
大事な資源にはしっかり手綱をつけて外に出す、当たり前のようでなかなかどこもできていないことです。

|

« Whether we can take carbonhydrate depends on time | トップページ | 調子とチャンスをシンクロさせる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 可愛い子には手綱をつけて旅をさせろ:

« Whether we can take carbonhydrate depends on time | トップページ | 調子とチャンスをシンクロさせる »