« すべて数字で「見える化」される | トップページ | 「できない」が「できる」に変わる条件 »

2018年5月10日 (木曜日)

強みは弱み

戦術で最も大事なことは自分の強みを徹底的に活かすことです。しかし、その強みが通用しなければ・・・・個人レベルでは自身を喪失し、組織レベルでは崩壊の危険が生じます。
強い個人や組織ほど、勝負どころではこれでいく、という強みを有しています。多くのライバルはその強みを攻略できずに、いい勝負はできても最後は競り負けてしまいます。しかし、その強みを封じることができれば?その強者は混乱し、通用しない強み一辺倒で頑張るか、得意でないやり方で立て直すか、スクランブル状態となります。
強いと言われている組織や個人がころっとアップセットされるのは、このように強みがうまくいかせなかった場合が多いです。ですので、逆転の一手は、相手の強みを封じるには至らないまでも、機能させないことまでできれば、相手を混乱に陥れ、うまい戦術が見えてくるかもしれません。
強みを持つことは必須ですが、同時にそれが機能しないときは弱みになるというのは奇遇な話です。そのためにも、強みは1つに絞らず複数持つよう心がけるべきなのでしょう。

|

« すべて数字で「見える化」される | トップページ | 「できない」が「できる」に変わる条件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強みは弱み:

« すべて数字で「見える化」される | トップページ | 「できない」が「できる」に変わる条件 »