« マニュアル化された作業は安く済ませろ | トップページ | 機会あっての成長 »

2018年5月 3日 (木曜日)

失敗できるうちに失敗経験を重ねよ

初めてやる仕事。すぱっとスマートにできる人と、要領悪く失敗ばかりする人に二分されます。私は間違いなく後者です。だからというわけではありませんが、後者の方が将来的に組織の要になる可能性があると思います。
初めてやる仕事で失敗してクビになる、こんなことをしている企業はブラック企業です。初めてする仕事はうまくできなくて仕方がなく、使用者側もそれを糧に勉強して早く戦力になってほしいと期待してその仕事をふっているわけです。いわば、この仕事は失敗しても許される特別な仕事です。
他方で、人は成功経験よりも失敗経験から多くを学びます。成功経験をしてもあまり復習しませんが、失敗経験をすると、恥ずかしさや危機感から次は同じ間違いをしないようにとしっかり復習し、同じ過ちをしないようになります。
というわけで失敗する人の方が成長するわけですが、成長してもせいぜい失敗しない人に並べるかどうかというところ。失敗経験のメリットはまだあります。
失敗経験のある人は、未熟な人がどこで間違いやすいか理解しています。ですので、それを元に後輩を指導できます。失敗経験のない人は未熟な部下を持った際に、具体的な指導方法がわからず、その部下が未熟だから悪いんだとしばしば責任転嫁しがちです。メネジメントに携わってくるような立場になると、どちらの上司がよいかは一目瞭然です。
というわけで、免罪符のあるうちに失敗はたくさんしてけということ。ただ、失敗しただけで終わらずにきちんと復習して同じ間違いをしないように努力すること。これを徹底すれば、凡人新入社員はエリート新入社員を数年後逆転できるはずです。

|

« マニュアル化された作業は安く済ませろ | トップページ | 機会あっての成長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失敗できるうちに失敗経験を重ねよ:

« マニュアル化された作業は安く済ませろ | トップページ | 機会あっての成長 »