« Let's play a game when we wake up | トップページ | 独自の手を編み出す力 »

2018年4月18日 (水曜日)

シナジーよりも先に考えるべきこと

3人よれば文殊の知恵といいます。それと関係しているのかわかりませんが、士業界では異なる士業者が3人くらい集まって共同サービスをするケースが増えています。
それぞれの強みを持ちよって大手事務所に対抗する、という意図なのかもしれませんが、私は提携する前にきちんと頭に入れるべき大前提があると思います。
ドラクエでレベルの低いメンバーでパーティーを組んでも、強いモンスターやレベルの高いパーティーに勝ることはできません。攻守の役割分担により、パーティーを組むことによるシナジーが生じても、元の個々の力が低ければ、シナジーによる上乗せも少ないからです。
提携によりシナジー効果を生じさせるという発想はよいのですが、その前提として、個々がさらに強くならないと、チームとしても強くならず、大手の競合相手を上回ることはできないということを忘れてはいけません。
業務提携やM&Aは組織として強くなる有効な方法です。しかし、中長期的に考えれば、個々が成長しなければ意味がありません。提携のチャンスは成長すればするほどいくらでも舞い込んできます。ですので、将来的に成功したいのであれば、目先の利益を求めて提携に奔走する前にまずは本業に邁進して成長し、より有望な提携先との縁を待つほうがよいのです。
提携とシナジーという言葉がよく囁かれる今日ですが、それよりも力をたくわえてより良い縁を待つのが現代的な成長戦略だといえるでしょう。

|

« Let's play a game when we wake up | トップページ | 独自の手を編み出す力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シナジーよりも先に考えるべきこと:

« Let's play a game when we wake up | トップページ | 独自の手を編み出す力 »