« 苦しい時間を耐える練習 | トップページ | 100円朝食 »

2018年3月30日 (金曜日)

数値を落とす勇気

ウェートを続けているとありがちなことですが、数値があがる→その数値を維持しようとフォームを崩す→崩れたフォームでは成長できない、というパターンに陥ることがあります。
自分で自分のフォームを見ることはできませんので、ウェートトレーニングの成果は数値で検証するよりほかないのですが、その数値を維持するためにいつの間にか変なフォームになることがありがちなのです。
これを回避するために、調子が悪い日は思いっきり数値を落として軽めでやってみましょう。正しいフォームは体が覚えていますので、軽いウェートであればすぐに元のフォームで運動できます。こうして正しい動きを定期的に思い出すことがとても重要なのです。
もちろん、ギリギリまで追い込んだトレーニングではないので、この日は頑張っても成長につながりません。しかし、崩れたフォームでいくら頑張っても同様に成長にはつながりません。
正しいフォームで継続することこそが大事であり、その正しいフォームを見てくれる仲間がいない場合、定期的に軽いウェートにしてフォームをチェックすることがとても重要だと思います。

|

« 苦しい時間を耐える練習 | トップページ | 100円朝食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数値を落とす勇気:

« 苦しい時間を耐える練習 | トップページ | 100円朝食 »