« 品物違いを交換する自由 | トップページ | 貸したお金をすぐに返してくれる人とくれない人 »

2018年3月14日 (水曜日)

若手と同様にチャンスを与えられるべきは

どこの業界でも若手が一定のところまでは自然と成長するものの、そこからさらに先、組織の中核を担う存在として活躍できるレベルに成長させるのには苦労します。
そのために、有望な若手に積極的にチャンスを与えるという選択肢もありますが、そうしたチャンスをなかなか活かせないのもまた、若手にありがちな現象です。
ところで、組織の発展のためにチャンスを与えるべきは、有望な若手だけでなく他にもいると思います。私が特に思うのは、組織から戦力外寸前の窓際族です。
こうした窓際族の中には、既に組織に対する忠誠を失い、やる気がない人もいます。そうした人は仕方ありませんが、窓際族の中には、本当は優秀なのに、ちょっとしたミスや人間関係上の問題で追いやられている人が、どこの組織にも必ずいます。
追いやられてやる気をなくすのならばそこまでの人ですが、まだ枯れていないのであれば、1年を通してフルタイムとはいかなくとも、必ず組織に貢献できる場面があるはずです。
ですので、チャンスはどんどん若手ばかりに回せばよいというものではなく、埋もれている人材の敗者復活にも回して、場合によっては若手と窓際族とで競争させてみるとよいでしょう。
組織の成長のためには、組織内に眠っている才能を引き出すことが不可欠。そのためには、マニュアルに則って一定の人ばかりに集中してチャンスを与えるのではなく、思うように活躍できていない人の再起を促すために利用することも大事です。

|

« 品物違いを交換する自由 | トップページ | 貸したお金をすぐに返してくれる人とくれない人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若手と同様にチャンスを与えられるべきは:

« 品物違いを交換する自由 | トップページ | 貸したお金をすぐに返してくれる人とくれない人 »