« レールを踏み外さず継続すること | トップページ | AIとの役割分担を見据えたトレーニング »

2018年2月 4日 (日曜日)

たまにはお勉強

今週も出かけようと思ったのですが外は吹雪。健康を考えて家でゆっくりすることにしました。とはいえ、ダラダラするのはうちの方針ではないので、体ではなく頭を使う1日に。昨年のクリスマスに祖母にもらったパズルゲームについて討論しました。
S_img_2411
ラッシュアワーというこのゲーム。車は前後にしか動けない条件で、アイスクリーム屋の車を出口から出すために他の車を動かして通路を確保するゲームです。
S_img_2412
青と緑の車を少し動かせばアイスクリーム車の前が空きます。ここまでは簡単。しかし、この問題はスーパーハードなので、かなり頭を捻る必要があります。スーパーハードの問題は、私でも初見では解くのに5分かかります。
S_img_2413
助言として、黄緑を右に移動させられれば黄色が下に降りられてパトカーの間に通路を確保できるのではないかと言ってみます。このような中間目標がはっきりすると、そこまではぐちゃぐちゃ動かしていればなんとかたどり着けるものです。
しかし、この問題、これだけでは解決せず、茶色を下に下ろさなければいけません。そのためには、青を横にやって、白と緑を1段あげて、黄緑を左に寄せて・・・かなり難解です。
S_img_2415
で、最終局面がこちら。この局面が見えていれば比較的早くゴールにたどり着けそうで、このあもちゃは車を動かしながら、少し先の盤面を予測するトレーニングも意図しているようです。このような遊びながら知力を鍛えるのは大賛成。今後もこうした遊具には積極的に触れさせていきたいと思います。

|

« レールを踏み外さず継続すること | トップページ | AIとの役割分担を見据えたトレーニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまにはお勉強:

« レールを踏み外さず継続すること | トップページ | AIとの役割分担を見据えたトレーニング »