« 速度規制を厳格に | トップページ | Not only possible but also suitable »

2018年2月28日 (水曜日)

見てもらいたい

恋愛において、「私のことが一番好きな人が好き」という女性は結構います。これは、恋愛関係という2人の組織の安定性を望む心理が働いています。
自分の事が一番好きな人と一緒にいれば、その組織内における自分の地位は安泰で、浮気のリスクや、ちょっとした言動で関係が壊れる可能性も低くなります。その結果、自分らしく振舞えることが大きいです。
恋愛関係に限らず、あらゆる組織において、人は、相手、特に上司に自分を見てもらいたいものです。
たとえば就職において、あまり興味の強くない2~3番手の会社から最初に積極的に誘われて、少し待って本命の会社にギリギリ滑り込めそうな場合、最初に誘われた企業に行く人は大抵うまくいき、本命企業に行く人は大抵苦労します。
最初にオファーをくれたということは、それだけ自分を評価してくれているということ。ということは、与えられるチャンスも大きいですし、多少失敗してもすぐには干されません。しかし、ギリギリ滑り込んだ会社ではそう甘くはないので苦労するのです。
組織において、当然上司の方が忙しいですが、そんな中、すれ違った際に声をかけてもらえると部下はうれしいですし、部下が相談しようとしてもなかなか時間をとってもらえないと、部下は組織に対する忠誠心を失います。
人は組織に属する以上、自分の方を向いてほしい欲求を持っています。ですので、組織の成長のために人をうまく動かす基本は、人をしっかり見て、「あなたのことを気にかけているよ」とわかりやすい態度を示すことだと言ってもよいでしょう。

|

« 速度規制を厳格に | トップページ | Not only possible but also suitable »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見てもらいたい:

« 速度規制を厳格に | トップページ | Not only possible but also suitable »