« 信頼あっての競争 | トップページ | Japanese are not good at English »

2018年1月 3日 (水曜日)

賃上げは業界のリーダーではなくフォロワーから

企業の業績は上がっているのに景気回復の感覚は庶民にはあまりなく消費は冷え込んだまま、その理由は企業が業績アップを賃上げに反映せずに内部留保に回しているからです。いくら労働時間を短くして消費の機会を増やそうとしても給料が上がらなければ人は消費活動を控えます。今、日本経済に必要なのは従業員の賃上げであることは間違いありません。
もちろん、給料は労働契約の一番重要な要素ですが、組織を成長させていくためには、給料以外の部分でいかに従業員のモラールを高めていくかが大事です。その技巧の部分が発達してきたことが、なかなか賃上げがなされない1因になっているかもしれません。
賃上げは大手から、と考えたいところですが、事実上それは期待できないように思います。大手企業は「信用」があるため、多少給料は悪くても大手で働きたいという人はいくらでもいます。つまり、大手企業にとっては従業員がやめてもすぐに補充できるため、賃上げして従業員を引き止める必要がないからです(個人的にはこのような「人材を大事にしない」やり方は好きではありませんが)。
となると、賃上げは業界の大手からではなく追随する企業から期待したいところです。こうした企業は容易には優秀な人材の確保が難しいですが、大手の給料が低止まりするのであれば、それよりも良い条件を出して優秀な人材を集めていくことが可能です。将来を見越して必要な人材を揃えられるなら多少の賃上げは十分ペイする投資です。
今年は給与所得者の手取りが増えることにより、消費が活発化する年になってほしいと思います。そのためにも、将来の成長を目論む伸び盛りのフォロワー企業から賃上げの輪が広がっていってほしいと思います。

|

« 信頼あっての競争 | トップページ | Japanese are not good at English »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賃上げは業界のリーダーではなくフォロワーから:

« 信頼あっての競争 | トップページ | Japanese are not good at English »