« 天満橋駅前で | トップページ | 信頼あっての競争 »

2018年1月 1日 (月曜日)

マニュアルの斜め上を行け

あけましておめでとうございます。
昨年は努力がきちんと結果につながる充実した1年となりました。同時に、自分の甘い部分もはっきり見えた1年でした。弱点はきちんと克服した上で、さらなる高みに行けるよう地道な努力を続ける1年にしたいと思います。
昨年同様、各カテゴリーの新年初回は、各カテゴリーについての年頭言を書いていきたいと思います。
元日の今日は生活上の工夫。実はこれが毎週ネタに困っていていつも日曜日に何かネタがないかあれこれ探しています。それだけ、なんでもないちょっとした工夫であっても、そこにたどり着くのは困難だということ、そうであれば、一見大したことのなさそうなアイディアでも丁寧に拾い上げていく姿勢こそが大事なのだと思います。
経済低迷期は、人々がマニュアル遵守に安心する時期でもあったように思います。しかし、マニュアルを遵守しても成功は保障されませんし、いずれAIにその地位を奪われてしまいます。
これから大切なのは、マニュアルを含めた「基本」を正確に理解したうえで、それをそのまま実行するのではなく、より良い改良ができないか考えてみて、その斜め上を行くより良い手法を実行することです。
基本をただ実行するだけでは周囲との差は広がりません。1つ1つ、より儲かる方法あないか、より成長できる方法はないか考えながら行動していくことで、判断能力も高まり、人としても1歩成長できることでしょう。
言われたことを言われた通りにするのは得意な私。今年は良い意味で少し基本からずれた活動ができるよう心掛けたいと思います。

|

« 天満橋駅前で | トップページ | 信頼あっての競争 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マニュアルの斜め上を行け:

« 天満橋駅前で | トップページ | 信頼あっての競争 »