« 我慢するか見限るかのライン | トップページ | Season of tolerance »

2018年1月17日 (水曜日)

組織を伸ばす核は中心にあり

組織を動かすためにはもちろんリーダーがしっかりしなければいけません。しかし、リーダーだけが張り切っていても組織はうまく動きません。組織が大きくなればなるほどです。
組織は人の集まりであり、その多くは組織のヒエラルキーの中で下層に位置する以上、そうした人を動かすミドルマネジメントが重要だとしばしばいわれます。
ミドルマネジメントを担う将来の幹部候補は、多くの人を動かして組織の成果を得る、その過程で人を育てて将来ミドルマネジメントを担える人材を育てる、自ら成長してトップマネジメントを任されるレベルに達する、などを業とします。
トップマネジメントを担いリーダーの業務は、将来の幹部候補を動かして成果を得る、その過程で人を育てて組織を導くリーダーの後継者を育てる、です。
ミドルマネジメントの方が業務の範囲が広いうえ、比較的未熟な部下の不始末や、誰も担当できないあまった業務などはすべて引き受けざるをえず、非常に厳しい立場であり、だからこそ、この役職が非常に重要です。
組織の成功が、組織に属する全員の思いである以上、リーダーはどうしてもミドルマネジメントに厳しい要求を出します。これは当然。
しかし、その結果、有望な幹部候補を別の組織への流出させている場面を見ると、その組織は失敗したな、と感じます。優秀な人をいかに活躍させ、成長させ、組織に残すかが上司の役割ですが、部下を使って成果をあげることだけに注視しすぎるとこういうことが起こりがちです。
組織を動かす核になるのは間違いなく中間管理職。酷使してもいいですが、必ず成長して組織に残ってもらえるよう、配慮を忘れてはいけません。

|

« 我慢するか見限るかのライン | トップページ | Season of tolerance »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 組織を伸ばす核は中心にあり:

« 我慢するか見限るかのライン | トップページ | Season of tolerance »