« 誰のための指摘? | トップページ | Fight against continuing trouble »

2018年1月24日 (水曜日)

優秀な新人の扱い方

優秀な人材はどの組織でも欲しいため、時にトップダウンで、具体的な部署や使い方を考えないまま、優秀さをかって新人を採用するということがあります。
このような新人が大卒や比較的若い人である場合、すなわち業務経験はほとんどなく地頭や経歴などで採用された若手である場合は、一番下の新人として厳しく育てることが求められます。
特別待遇を求めたり、気の緩みがあれば厳しく叱責するのが正しく、いくら優秀でも1から丁寧に経験を積み上げる意識がなければ絶対に伸びませんし、組織にも貢献できません。
これに対し、よその業界で成果をあげた中堅がぽっと新人として入ってくる場合もあります。このケースでも、この組織の活動については初めてという部分も多々あるはずで、そういった部分については新人同様に扱うべきです。
ただ、前者の例と異なるのは、よその業界で成果をあげていることから、おそらくこの組織でも即戦力として活躍できる分野がいくつかあると思われます。そうした部分は中堅として積極的に活躍いただき、組織の発展と構成員の成長に貢献してもらうべきでしょう。
適正報酬についても、①即戦力の業務に対する適正報酬(高)と②新人の業務に対する適正報酬(低)を双方の業務量に応じて按分した額とすれば周囲の納得感も得られやすいです。
大事なことは、新人には例外なく厳しく1から学ばせることと、新人でも使えるスキルな組織に活用させること、オールオアナッシングではなく、うまくこの2つを融合させることです。

|

« 誰のための指摘? | トップページ | Fight against continuing trouble »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優秀な新人の扱い方:

« 誰のための指摘? | トップページ | Fight against continuing trouble »