« 近未来の防犯グッズ | トップページ | 会費は会員に還元せよ »

2018年1月30日 (火曜日)

結論提示だけでは解決しない

確定した事実に対して、法律を適用した後の結論は、弁護士資格を取り立ての若手弁護士でもしっかり導いて説明することができます。
結論が良いものであれば問題ありませんが、結論が思うようなものでない場合、その前提となる事実で争えるところを探すしかありませんが、私はこのような一般的な法律相談の有り方に疑問があります。
法律は確定したルールであり、その上で最善策を考えて提案するのが法律家の仕事であるべきで、結果を伝えて、結果からさかのぼるやり方では将来AIに簡単にその居場所を奪われてしまうと思います。
多くの人は事件が深刻になってから相談に訪れますが、本来は、ルールを正確に理解して自分の行動を選択する段階で、当該選択に伴うリスクの説明と最善策を考えるため、弁護士に相談されるのが望ましいです。
これを妨げているのは、弁護士費用の問題と、弁護士に何をどこまで頼めるかが周知されていないことだと推察されます。
私は事後的なフォローをするより、事前にルール上の最善策を提案する弁護士を目標としています。そのために必要なスキル、業務効率化に伴うコスト削減など、課題が少し見えてきた感じがするので、その克服に取り組んでみたいと思います。

|

« 近未来の防犯グッズ | トップページ | 会費は会員に還元せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結論提示だけでは解決しない:

« 近未来の防犯グッズ | トップページ | 会費は会員に還元せよ »