« Strategic use of first week of a year | トップページ | 継続する土台 »

2018年1月12日 (金曜日)

モード2の準備

個人で戦うにも、組織で戦うにも、強みを生かしたベースとなる戦術を用意すると思います。これをいかに強力にするかに皆、腐心します。
しかし、長い期間にわたって勝ち残っていくためには、ベースとなる得意戦術だけでなく、第2段階の戦術も用意しておくべきでしょう。これをモード2といいます。
主たる戦術は、相手も研究し、対策を準備してきます。相手がしっかり対策をたててくればくるほど、その強みは低減されてしまいます。
こうした時、一番の強みは切り札に回して、全く違う戦術を用意しているとどうなるでしょう。相手は準備してきたことが使えないので、現場対応が求められます。現場対応対準備してきた戦術であれば、後者の勝算は十分です。
もちろん、あくまで第1戦術は強みを生かした策なのですが、強みを絶対的な武器にまで昇華させようとする必要はないのです。
ベースの戦術と、それとは異なるモード2を用意し、時にモード2で相手の準備をかわせると、今度は強みが切り札として生きてくる相乗効果が発生します。
あれこれ無闇に手を出さずに、1つの武器に特化する、というのはセオリーではありますが、しっかり準備してくる相手には、第2の戦術を用意しておくことが非常に効果的な場合があります。

|

« Strategic use of first week of a year | トップページ | 継続する土台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モード2の準備:

« Strategic use of first week of a year | トップページ | 継続する土台 »