« 完遂すればいいわけじゃない | トップページ | 0か1ではない評価システム »

2017年12月19日 (火曜日)

暴力は犯罪です

いまさら言うまでもなく暴力は犯罪です。それは皆わかっているはずです。
ところが、スポーツ団体や家庭内では暴力を容認する独自ルールがあるところがあります。容認される1つの理由として、教育の手段だと言われることがあります。
もちろん、特定の組織内だけ法律に反した独自ルールを定めてもよいという根拠はありません。暴力をふるわれた側が警察に届け出れば、いかなる言い訳をしても、暴力をふるった側は刑事罰がつきまといます。
そこで、上記のような組織は被害者が外部通報できないようルールや組織体制を構築します。私はこれが非常におかしな行為だと思います。
法律はAとなっているが、我々の間ではBとしよう。というのは民事上は有効で、自由の範囲内であることも多いでしょう。当事者が納得している限りは、独自のルールを定めることがおかしいとは思いません。
独自のルールを有効とするには、きちんと当事者の納得を得る努力をし、納得のない当事者には、独自ルールが適用される前にやめる機会を保証しなければいけません。
暴力は犯罪だから一切だめだ、と言うのは簡単ですが、その不都合があるから組織内暴力事案がなくならない面もあるのかと推測します。この場合、独自ルールを持つ組織が、きちんと構成員を納得させ、あるいはやめさせる方向に意識が向いて行かなければこうした問題はいつまでたってもなくならないような気がします。

|

« 完遂すればいいわけじゃない | トップページ | 0か1ではない評価システム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暴力は犯罪です:

« 完遂すればいいわけじゃない | トップページ | 0か1ではない評価システム »