« 窓口で吠えても意味はない | トップページ | Do not cut and pick a leaf »

2017年12月 6日 (水曜日)

定期発表会

大きな組織になればなるほど行った方がよい活動はいくつかあります。その中の1つは、「中堅・若手層による精度の高い発表会」です。
大きな組織で上位にいる人は相応の成果を出してそのポジションにいるため、その実力は誰も疑いません。しかし、中堅以下は年功序列の面も強く、誰が有望で誰が能力が足りないか、組織内で十分に共有されにくいです。
組織の発展のためには、有望な人材を適切に選び出し、適切な活動を任せることで成長させることが不可欠です。そこで、こうした中堅・若手層がどの程度の実力を有しているのかを測る意味で、この層の人間にローテーションで発表や講演を行わせるのが有効です。
ただし、こうした層の発表ということで、「レベルが高くないからあまり自分の成長につながらない」と思われては参加率が悪くなり、効果は大きく損なわれます。ですので、精度をできる限り高めた発表会にするよう厳しく指導することも不可欠です。
組織には良くも悪くも口コミの評判と実際の実力とが一致しないメンバーが必ずいます。組織内で囁かれる以上に有能な人材はきちんと登用するとともに、口コミだけの期待外れな人間も適切なポジションに異動させる必要があります。
中堅や若手層による勉強会を通じて、こうしたギャップに気づけることは、組織をより良くする鍵をみつけたことと同義で喜ばしいことのはず。ぜひ、多くの組織で取り入れていってほしいと思います。

|

« 窓口で吠えても意味はない | トップページ | Do not cut and pick a leaf »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定期発表会:

« 窓口で吠えても意味はない | トップページ | Do not cut and pick a leaf »