« いくら頑張って考えても屁理屈は屁理屈 | トップページ | Night life in Japan »

2017年10月11日 (水曜日)

埋もれた逸材の拾い上げ方

組織が大きくなればなるほど、実は能力の高い人材が埋もれる可能性が大きくなります。
組織は大きくなるとコアメンバーを絞って正確なコミュニケーションの確立を試みます。ここで、顕著な功績を遺したメンバーがコアメンバーに選抜され、その他はふるいおとされます。
しかし、目立った功績はないが安定して活躍したメンバー、功績はあるがミスもあって評価を落としたメンバー、まだ本領発揮していないメンバー、大器晩成型のメンバーなど、ふるい落とされた側に隠れた逸材がいる可能性は十分にあります。
組織が成長していくためには、こうした一度ふるい落とされたが、優れたものを持つメンバーを拾い上げて活躍させていくことが不可欠です。
とはいえ、日和見主義的に、直近で成果をあげた人を急に登用するような制度ではメンバーの士気はあがらず、組織としての意思決定の連続性を保たれません。
こうした埋もれた逸材の拾い上げ方は2段階で行うべきです。まずは、日ごろの査定において、個々のメンバーの長所はきちんと評価し、組織内で共有しておくこと。
そして、新しいプロジェクトの開始にあたり、いつも固定メンバーで行うのではなく、そのプロジェクトで活躍できそうな長所を持つメンバーを積極的に入れ、できれば中心的に活動させること。
これにより、そのメンバーには居場所とアピールチャンスが与えられ、そのプロジェクトで成果をあげればさらに次のチャンスへと、引き上げに成功できます。
特定の活動をするのにコアメンバーを絞ることは間違っていません。大事なのはそれをいつも固定メンバーでやるのではなく、新しい人をどんどん登用していくことで、組織を活性化していく事です。
固定メンバーでプロジェクトを回していくと効率的ですが、成長する組織は後者のようにしてきちんと埋もれた逸材を拾い上げている組織です。

|

« いくら頑張って考えても屁理屈は屁理屈 | トップページ | Night life in Japan »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 埋もれた逸材の拾い上げ方:

« いくら頑張って考えても屁理屈は屁理屈 | トップページ | Night life in Japan »