« 就寝時刻の調節方法 | トップページ | オーバーワークはOKデンジャーはアウト »

2017年10月24日 (火曜日)

法律相談対応の前に時代の流れへの対応努力を怠らぬよう

市役所などで行う法律相談は、弁護士になって数年の若手弁護士からお爺ちゃん弁護士まで様々な弁護士が対応しています。
法律的にとても難しくて即答できない、というような相談はあまりなく、事案の整理ができれば、それに法律を適用した結果はこうです、と明確に答えることができるものがほとんどです。
ただし、注意が必要なのは法律的な回答ではなく、事案の整理の方ではないかと思います。最近の相談で、LINEやメルカリに絡んだ相談があり、私はこれらの仕組みを理解しているので、回答できましたが、年配の弁護士の中には、こうした最近のツールを知らない人もいるのではないかと思います。
若い弁護士はLINEを普通に使いこなしていますので、そのやりとりの内容をどのように証拠として使用したり、相手に使用させなくしたりする具体的な方法までアドバイスできますが、LINEを知らないおじいちゃん弁護士だと携帯メールの扱いを前提としたアドバイスまでしかできないのではないかと思われ、アドバイスの質に差が生じます。
この程度であればまだ私は対応できていますが、時々、相談内容の中に聞きなれない言葉があることもあり、そういう時は相談後ネットで確認して最近の言葉を覚えています。
市民法律相談対応レベルの法律スキルはほぼすべての弁護士が身に着けています。法律相談の質に影響してくるのはそちらではなく、いかに最近の社会常識を知っているかの方。そのためには、常にネットニュースなどで社会のトレンドを把握し、皆が使用しているツールは最低1回は使用してその内容を理解しておくことが不可避です。
もう十分な力があるから法律相談は問題なくできる、とは思わず、謙虚に社会の新しいものを学び続ける姿勢がとても大事なのだと思います。

|

« 就寝時刻の調節方法 | トップページ | オーバーワークはOKデンジャーはアウト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法律相談対応の前に時代の流れへの対応努力を怠らぬよう:

« 就寝時刻の調節方法 | トップページ | オーバーワークはOKデンジャーはアウト »