« 裁判所は「一線をこえた」かどうかをどう認定するのか | トップページ | Who is the strongest on the street. »

2017年9月20日 (水曜日)

組織の士気をあげる方法

組織の活動が成果をあげるためには一人ひとりの構成員が頑張る必要があります。そのためには、構成員の士気をあげる活動が不可欠です。士気をあげるためにはどうすればよいか、たとえば会社であれば給料をあげれば社員はより頑張ります。しかし、利益をあげることが目的の会社が利益を損なうこととなる給料アップの決定は簡単にはできません。
給料アップ以外で士気をあげる方法としては、優秀な成果をあげた人の表彰や部署対抗のスポーツ大会などが考えられます。また、最近では、子育て中の主婦や60代のシニアが実は優秀な労働力であると再認識されているため、女性やシニアに優しい組織構成を心掛けることも1つの手でしょう。
給料をあげずに組織の士気をあげるためにはどうすればよいか、こうした相談を受ける際、多くは即効性のある方法を教えてほしいと求められますが、どのような組織でも効果のでる汎用性のある方法はないと思います。
構成員はそれぞれ個性や感性がありますし、構成員が何に興味や価値観を感じるかもバラバラです。組織の士気をあげる方法は、構成員とのコミュニケーションの中でいろいろ試行錯誤して生まれるものでしょう。
策が功を奏して組織の士気があがれば成果もあがります。ただ、それはあくまで試行錯誤の末の策がはまった事の成果であり、より大切なのは普段より構成員とのコミュニケーションを心掛け、組織を居心地の良い場にしようと工夫を試み続けることなのです。

|

« 裁判所は「一線をこえた」かどうかをどう認定するのか | トップページ | Who is the strongest on the street. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 組織の士気をあげる方法:

« 裁判所は「一線をこえた」かどうかをどう認定するのか | トップページ | Who is the strongest on the street. »