« 夏は山へ! | トップページ | 離婚と相続の弁護士の選び方 »

2017年9月11日 (月曜日)

モラルを高めることは何のため?

一生懸命頑張っているのに思った成果を得られない、自分に足りないものは何だろうか。と相談された際、多くの場合私はモラルを高めること、と回答します。これに対する相談者の対応は大きく2分されます。
ある人は、「そうか、そこに気づかなかった」と自分を省み、前向きに頑張ります。
ある人は、「そんな事を気にしていたら余計に成果が出なくなるではないか」と怒り出します。
書店で本がいろいろ並んでいる通り、成功者ほど、モラルを高め、周囲に対する感謝の気持ちをわかりやすく表現する人が多いです。これは決して成果を得るために計算してなされているものではありません。そのような心構えが、様々な事に取り組む際に忘れてはならない基本的なことだということをよく認識しているがゆえの自然な対応です。
モラルを高めて、周囲に感謝したり、周囲に譲ると損だという人、損か得かで考えている時点で既に順調な成功路線からずれてしまっています。
仮に損か得かベースで判断しても、私はおそらく徳の高い人が最終的に得をすると思います。それは、こうした心構えの方が良い成果を出しやすく、また周囲の信頼も得やすいからです。
ダイエットのために食事制限を頑張っているにも関わらず成果の出ない人は、たとえば、1階上または下のフロアに移動する際に当たり前のようにエレベータを使ったり、歩ける距離を移動するのに簡単にタクシーを使ったり、こうした小さい油断が目標達成の阻害要因となっている可能性が強いです。こうしたちょっとした油断を排するために、モラル高くあった方がよいのです。
成果が出るか否かは、結局、大小様々な努力の積み重ねによるもの。小さい努力を軽視したり、小さい問題はお金で解決できると油断したりすることこそが、実力通りの成果を出せない原因であり、これを解決する最も簡単な工夫が、モラル高く生きることなのです。

|

« 夏は山へ! | トップページ | 離婚と相続の弁護士の選び方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モラルを高めることは何のため?:

« 夏は山へ! | トップページ | 離婚と相続の弁護士の選び方 »