« Let's go ahead when we are tired. | トップページ | 本番から逆算すると »

2017年9月 8日 (金曜日)

事前の保険

予期せぬ損害を事後的にカバーするために保険があります。たとえば地震保険に入っていると、仮に地震で数千万円の損害が生じても、事後的な手続きを経て所定の保険料の負担で済ませることができます。
弁護士のもとにはほぼ手遅れの状態となってから「先生のお力でなんとか・・」という依頼が時々あります。相手も弁護士がいますので、お互い最善手を尽くすとどうにも逆転の目はないということはどうしてもあります。
同じように医師のもとにもほぼ手遅れの状態で診察を受け「先生のお力でなんとか・・」という依頼はしばしばあるのでしょう。
このように、逆転のために投じる資源は有しているにも関わらず、初動が遅すぎて逆転の目がないということは注意して回避しなければなりません。
その手法は保険の逆算、すなわち、事前に損害をカバーする保険の一手を選ぶことです。
大事ないだろうと思っても、少し体に異常を感じたら医師に相談する。後でなんとでもなるだろうと思っても、些細なトラブルでも弁護士に相談する。少なくとも都心部では医師も弁護士も社会のニーズに対して余っていますので、こうしたちょっとした相談もできないような状態ではありません。
事後的に保険でカバーできるのは金銭だけ。自分の健康や信頼といった無形の財産は事後的な逆転が困難な場合があるため、早め早めの相談が大事な逆転の一手になるでしょう。

|

« Let's go ahead when we are tired. | トップページ | 本番から逆算すると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事前の保険:

« Let's go ahead when we are tired. | トップページ | 本番から逆算すると »