« ブログ紹介サイトのタイトル詐欺と元原稿執筆者の名誉棄損の関係 | トップページ | Fundamental problem in working society »

2017年7月19日 (水曜日)

いつの時代に入った人?

組織は様々な段階を経て今に至ります。創業期、成長期、低迷期、復興期・・・
大きく分けて、「のぼり調子のイケイケの時代」と「下降気味の苦しい時代」とがどのような組織にもあるでしょう。
組織を一体として動かしていくためには、構成員が同じ方向性を持って前向きに頑張っていくことが必要です。しかし、そこのは世代の違いにより様々な温度差が生じ、その
1つの原因が入った時の組織の状態だと思います。
前者ののぼり調子の時に入った構成員は、原則、優秀で成長志向が高い。それは、組織の成長期で組織側の買い手市場の場面でその組織で活躍しようと決意し、競争を勝ち抜いて入ってきた人たちだからです。
しかし、良い時代を最低ベースと考えがちなこともしばしばあり、組織の成長が下降線をたどった時に、踏ん張る能力はあるのに頑張らず、あっさりよそへの移籍を考えてしまいがちです。
逆に苦しい時期に入った構成員は、能力よりも積極性に優れ、「できない」ではなく、「どうすればできるか」真剣に考え、精一杯の貢献を組織にしてくれます。しかし、自分たちが苦労してきて今があることを骨身にしみているからこそ、温い後輩や、時には先輩にまで厳しくなりがちで、うまく人間関係を裁かなければハラスメントや組織分裂につながりかねません。
どちらのタイプが善で、どちらのタイプが悪というわけではありません。組織には多様な人材が必要で、どちらの人材も組織の発展に不可欠です。
重要なのは、構成員同志の自主的な人間関係の調整に任せきりにせず、ある程度上位者が常識的に、温度差のある人間同士の緩衝となること、そして、そのやり方は組織の状態に即して弾力的に行うことです。
微妙な温度差は見えないけれども五感で察知可能なもの。これを放置せず、うまくさばくことが組織の安定した成長のために不可欠です。

|

« ブログ紹介サイトのタイトル詐欺と元原稿執筆者の名誉棄損の関係 | トップページ | Fundamental problem in working society »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつの時代に入った人?:

« ブログ紹介サイトのタイトル詐欺と元原稿執筆者の名誉棄損の関係 | トップページ | Fundamental problem in working society »