« 主張は牽強付会でもいいが事実は曲げちゃいかん | トップページ | I lose weight even if I ate a lot »

2017年7月12日 (水曜日)

組織の信頼は汗で獲得し奢りでなくす

組織の成長と崩壊にはいくつかのステップがあります。初期には、ある程度パワフルなリーダーがどんどん上を目指して積極的な選択をしていくことが肝要です。
その中でリーダーも学び、強引なやり方が有効であること、それに成功するとライバルに差をつけられること、そして失敗リスクを体得します。
組織が順調に成長し、安定期に入ると、どうしても組織の中に「奢り」を持つ者が出てきます。その組織への悪影響は主に2つ。
リスクをとらずおいしいとこどりだけしようという志向が強まることと、
安定した組織のバックグラウンドを基にもっと強気で大きな利益を求めるべきだという志向が強まることです。
リーダーはこの双方のバランスをとって、組織を適切な方向に導かなければなりません。リスクをとらない消極的なやり方では、後達にすぐに追いぬかれてしまいますし、逆に強気すぎると失敗リスクの反動が厳しくなります。
前者のケースがあまり見えにくいだけかもしれませんが、社会的に一時期隆盛を誇った組織が崩壊するのは後者のケースが多いように思います。
すなわち、自らの組織に奢り、違法または無茶な策に出たため、社会的信頼を失うというものです。
社会的に困難な問題があり、それを解決できていないけれども、真摯にその問題に取り組んでいる団体はおおむね社会的信頼が高いです。
他方で、過去に大きな成果をあげた組織でも、今、困難な問題から目をそらしている、違法ないし倫理違反の活動をしている疑いがあると、あっという間にその信頼を失います。
組織が成長を続けるためには、その状況に応じた適切なリスクをとったうえで、そのリスクに対して汗をかいて解決を試み続けることだといえるでしょう。

|

« 主張は牽強付会でもいいが事実は曲げちゃいかん | トップページ | I lose weight even if I ate a lot »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 組織の信頼は汗で獲得し奢りでなくす:

« 主張は牽強付会でもいいが事実は曲げちゃいかん | トップページ | I lose weight even if I ate a lot »